【考察】メルカリは図書館になりうる?

メルカリで本を買っては、積ん読しています。つまり読めてません。

 

だって、1万円まで売上を貯めないと振り込み手数料掛かっちゃうですもの。途中で換金するのは勿体無い!

しかも、日々Twitterとかニュース眺めたてら、尽きぬ興味によって、本をAmazonのほしいモノリストにぽんぽん入れるハメになっています。おかげで週に3冊は増えて、いまや100冊以上の欲しい本が。。。

しかしそれを読む時間がない。

 

でも、本を読めば読むほど、興味って無限に広がる!やばい。

f:id:dasblog:20170817095326p:plain

 

なぜメルカリで買うのか

メルカリに貯蓄された1万円以下のお金をそのまま使えるからです。1万円の引き出しなら、振込手数料が216円掛かるのがメルカリのシステムです。でもそれほどまでして、1万円以下のお金が欲しいときって少なくないですか?

それならちょっとお金出して、本を買おうよっていう形です。

 

メルカリってご存知の通り、中古品売買の場所じゃないですか。服には劣りますが、本も比較的多く出品されていて、Twitterとかでバズった本ならだいたい検索にヒットします。あと最近出たとか、ベストセラーとかですね。

ホリエモンの多動力とか出まくってます。そして売れまくってます。

f:id:dasblog:20170817085954p:plain

 

こういう流動生の高い本ってすぐに売れるので、新品で買ったとしても、あまりお金が掛からないんですよね。

 

ホリエモンの多動力の例で考えてみると、

定価1,512円買って、メルカリで1,000円で売れました。

本1冊買うのに掛かった実質のお金は、812円です。

定価1,512円 -メルカリ1,000円 - (メルカリ手数料100円 + 送料200円)= 812円

 

もしも、これをメルカリで1,000円で買って、1,000円で売った場合は、300円で読める計算になりますね。

メルカリ1,000円 -メルカリ1,000円 - (メルカリ手数料100円 + 送料200円)= 300円

 

しかもまたその300円で本を買えばいいんです。

ちなみにこれ全部、送料込みです。

f:id:dasblog:20170817154057p:plain

 

 これってすごくない?

どうしても買いたい本ってありますよね。amazonベストセラー1位の本とか。

たとえばこれにしましょう。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51h%2BWQ8s-9L._SY498_BO1,204,203,200_.jpg

2016年度世界的ベストセラーのサピエンス全史です。

 

これを本屋さんで上下巻4,104円で購入したとします。

これをメルカリで見てみると、3,200円で売れていますね。送料入れたとしても、2500円ぐらいは手元に残るんじゃないでしょうか。

f:id:dasblog:20170817154643p:plain

 

つまり、1,600円で上下巻を読める計算ですね。

単行本より安いKindleストアで、上巻だけを買うより安い!

 

本を読むのに、メルカリを駆使しない理由がみつかりません。

 

 図書館よりもいいんじゃね?

本題です。僕が住んでいる近くにある大阪市中央図書館は、本を予約しても借りれないんです。

そもそも図書館になかなかいけない。平日は20時半までやっているとはいえ、仕事が終わって急がないといけない。土日は17時までだし、予定が詰まっている。てか、予約待ち多すぎ!普通に3ヶ月待ちになっちゃったりしますから、読みたいその時に読めない!

 

そこでメルカリですよ。

 

読むのにちょっとお金かかりますけど、読書代と思えばいいでしょう。実際、サピエンス全史なんて1,600円以上の価値は絶対にあります。

 

図書館でありがちな借りパクも、お金を払っている分起こりません。w

借りパクしたら買取みたいなもんですからね。読んだら次の人に売ればいいんですし。

 

これで一番儲かるのは誰?

言わずもがな、メルカリですね。出版社は儲かりません。年内にメルカリが上場するそうですが、当然っちゃ当然ですよね。

フリマアプリ「メルカリ」年内にも上場へ | TechCrunch Japan

 

インターネットと安心のフリマ市場は、既存ビジネスを破壊し尽くしています。

 

出版業界はもちろん、ブックオフなどの中古本屋さん、そして古着屋さん。こういった業界がメルカリによってだんだん生き残れなくなってきています。

「メルカリに食われる」、リユース業界の悲鳴 | 週刊東洋経済(ビジネス) | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

いまさらメルカリの仕様が凄すぎるが、日本の経済は大打撃かも

 

 これはAmazonばりの革命なんじゃないかと。

革命

被支配階級が、支配階級を倒して政治権力を握り、国家や社会の組織を根本的に変えること。

 

 トランプも根拠なしに小売業界を破壊したと吠えていますよね。 

 

同じことがメルカリにも言えるんじゃないかと。

僕は安く手に入るのであれば、大歓迎ですが。

 

出版業界はどうすればいいの?

まだまだメルカリを使った本の売買は、ポピュラーではないので、現状は大丈夫ですが、そのうちいろんな層に知られることになるでしょう。そうなる前にできることは、Kindleなどの電子書籍にもっと力を入れることなんじゃないかと。

なんでかっていうと、電子書籍は売ることがができないからです。

電子データのため二次的な売買ができないため、中古品として流通することがありません。

 

それか、そう簡単に売られないよう、美術的要素のある本を作るか、コレクション的要素を高める本を作ることでしょうか。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51FX67PDPWL._SX350_BO1,204,203,200_.jpg

 

インターネットによってあらゆる産業が破壊されてきていますが、果たして残るのはどこの業界なんでしょうか。見ものです。

 

クリスアンダーソンの著名な本です。フリーになって行く経済を知るならこれですね。