【映画】8mileからHIPHOPを見てみる

HIPHOPの映画といえば、エミネム主演の8mileだろう。嘘か本当かわからないが、映画としては非常に楽しめる。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/5142870MF1L.jpg

HIPHOPとは、なんだろうと考えた。相手を罵ること?ビートに乗ってラップをすること?黒人音楽?いや、違う。

HIPHOPとは心の表現手法だろうと思った。

 

どういうことかというと、HIPHOPは自分の生い立ちが暗ければ暗い、苦労していれば苦労しているほど、良いlyricを書く事ができる。

 

8mileで描かれいたのは、エミネムがどれだけ貧困の家庭で育って、当時は黒人音楽であったラップを白人が切り込んだのかということだった。つまり、逆境の精神だ。では、逆境の精神はどのように作られるのかというと、やはり生い立ちによってだろう。

 

8mileではそこまで描写がなかったが、アメリカのHIPHOPはいわば、夢を掴むための手段だ。ドラッグディーラーでお金を稼ぐか、HIPHOPで有名になってお金を稼ぐかという瀬戸際に貧困層がいる。貧困は特に黒人に多い。だからこそ、みんな躍起になる。そして、いい曲が生まれる。

 

貧困から有名になって、お金持ちになるには、並大抵のパワーでは叶わない。そこには、自分がいかなる状況でも勝ち上がっていくような逆境の精神が必要だ。つまり、自分の心情を言葉に直して、相手から共感を得ることが大事だと思う。

 

だからこそ、HIPHOPとは心の表現方法だと思う。

 

 

 

では、最近日本でなぜHIPHOPが受け入れられてきたのか。なぜなら、ラップとしてビートに乗せると、自分の言いたいことを表現することに躊躇わないからだ。

 

これはあくまで独断と偏見だが、日本人は感情をそのまま言葉として発することを嫌う。遠回しな言葉で、相手に悟ってもらうよう努力する。それが空気を読むとかそういう独自の文化が発展した要因だ。

 

つまり、日本でHIPHOPが受け入れられてきた要因としては、自分の言いたいことを代弁することができる手段であるからではないだろうか。つまり、HIPHOPとは心の表現手法なのだろう。

 

しかし、良い曲を深みのある曲、つまりは逆境の精神がかかれいている曲とすると、果たして日本人の中から素晴らしい深みのある曲が生まれるかというと、それは疑問ではある。

最近では、沖縄や東京の町田、大阪からも様々なアーティストが出てきているので、もう少し期待して待っていたいが。