【書評】7つの習慣 人格主義の回復

7つの習慣 人格主義の回復

スティーブン・R・コヴィー

 

概要

・まえがき

・要約

・感想

 

 

【まえがき】

私は自己啓発本を好んで読まない。なぜなら、今までたくさんの本を読んでき、何も変わることがなかったからだ。

本の考えが一時的に頭に入り、自分がなんだか有能な人間になったような気分になる。でも、しばらくすると忘れてしまう。それを幾冊も繰り返してきた。

それはまさしく、自分は大丈夫だという安心を得るがために、自己啓発本というドラッグを摂取するような形になっていた。

 

しかし、この7つの習慣を読んだ結果、その考えを捨て去ることができそうだ。

自己啓発本を読んでも自分が何も変わらないのは、習慣化ができていないことであり、なぜ習慣化ができていないかというと、その本をしっかりと読み込めていないからだ。

 

今までは自分の不足を埋めるために、自己啓発本を読んできた。今回は、自分の能力を高めるこために、この本を読むことができた。だからこそ久しぶりに、この類の本を読んでみて非常に良かったと思う。これはタイミングが成し得たのだろうと感じる。

 

出版される自己啓発本は玉石混合な状況となっている。しかし、この「7つの習慣」は、自分次第ではあるが、宝石となる可能性があると感じた。それは、この時代、いや過去も未来にも、通じる”信頼される人間としての原理原則”が書かれており、いわゆる現代版のバイブルといっても過言ではないと思ったからだ。

 

【要約】

私自身、非常に忘れっぽい人間のため、各章毎に要約をした。

そうすることで改めて読み返すことができ、しかも短時間で理解できる。そして何より、アウトプットすることでより理解を深めるためである。

 

私的成

1,主体的である

2,終わりを思い描くことから始める

3,最優先事項を優先する

公的成功

4,Win-Winを考える

5,まず理解に徹し、理解される

6,シナジーを作り出す

再新再生

7,刃を研ぐ

 

1,主体的である

何事も能動的に実行するのか、受動的に実行するのかで結果が変わってくる。冒頭にあった、“意識的に努力すれば必ず人生を高められるという事実ほど、人を勇気づけるものが他にあるだろうか。”という言葉が真理である。しかし、人間は、目の前の状況に反応するだけで日々を過ごしている。それを打破し、真に主体性の言葉が意味するのは、“衝動を抑え、価値観に従って行動する能力こそが主体的な人の本質である。”とのことだ。つまり、自分の価値観とは何かと考え、言葉に直すことがルールとなる。それが明確であればあるほど、主体的に動くことができる。

そのために、“想像と意志を働かせ、自分に約束し、目標を立て、それを必ず守る。こうして強い人格や人としての強さを築き、人生のすべてをポジティブにするのだ。”と当たり前のことを当たり前に実行する人間にならなければいけない。

 

2,終わりを思い描くことから始める

“自分の人生の最後を思い描き、それを念頭に置いて今日という1日を始めることである。”が、この章の主題だ。つまり、明確なビジョンを描くことが、今日という1日を有意義に過ごすことができる方法だということだ。毎日を仕事で追われる多忙な日々は、自覚するしないにしろ、いとも簡単に自分を見失ってしまう。

だから自分の最後を決めること。自分の到達したい地点を決めること。“終わりを思い描くことから始めてこそ、本当に効果的になりうるのだ。”が原理原則だ。

そのために、原則中心の生き方をするのが大事だ。自分の原則(ルール)と調和していたら、いい結果になる。だからこそ、個人のミッションステートメントを明確にすることが何より大事になってくる。

スティーブ・ジョブズの言葉の、“もし今日が自分の人生の最後の日だとしたら、今日やる予定のことを私は本当にやりたいだろうか”と通じるものがある。

 

3,最優先事項を優先する

この章は上記1と2を併せ持った性質がある。最優先事項を優先するとは、他人が嫌だと思うことも、自分にとっては目標に沿った内容であるため、実行できてしまうということだ。“感情を抑え、最優先事項を優先するには、目的意識と使命感が要る。第2の習慣で身につけた明確な方向感覚とか価値観が要る。そして、優先する必要のない物事に「ノー」とはっきり言えるためには、あなたの中に燃えるような「イエス」がなければならない。”

これがこの章の主題である。

目標がないまま、優先事項を優先していても意味がない。梯子の例であったように、効率的に早く目標地点に到達するが、そこで結局違うと思ってしまうのが関の山だ。

だからこそ、最後を思い描くことが何より大事だ。

 

4,Win-Winを考える

ここの主題はwin-win or not dealだ。“全ての人間関係において、必ずお互いの利益になる結果を見つけようとする考え方と姿勢である。何かを決めるときも、問題を解決するときも、お互いの利益になり、お互いに満足できる結果を目指すことである。win-winの根本には、全員が満足できる方法は十分にあるという考え方がある。”

もし仮に、相手がホームページを作成したいならば、こちらは相手にとって利益を生み出す媒体になるような設計にすること。そして、相手はそれに応じて、それ相応の対価を支払うことがwin-winの関係だ。そのためには、お互いに何を期待しているのか、何を要望しているのか、どういうものを作り上げることができるのか、何ができて何ができないのかということをはっきりしておく必要がある。そうすることで、ビジネス上でのwin-winの関係を保つことができ、一回限りの浅い関係ではなく、中長期的に付き合って行くことができる深い関係になることができる。そのためには、信頼感の醸成が必要である。そのために相手への、信頼口座の預け入れが必要である。つまりgiveから始めるということだろうか。

 

5,まず理解に徹し、理解される

傾聴という言葉ある。単に人の話を聞くことが、傾聴ではなく、人がどういう背景で何を考えて話しているのかと考えを張り巡らせながら、紐解いて行くのが、傾聴である。

人は話を聞いているようで、相手の考えをあまり理解していない。次にある言葉を読み、なるほどと合点した。

“ほとんどの人は、相手の話を聴くときも、理解しようとして聞いているわけではない。次に自分が何を話そうか考えながら聞いている。話しているか、話す準備をしているかのどちらかなのである。すべての物事を自分のパラダイムのフィルターに通し、自分のそれまでの経験、いわば自叙伝を相手の経験に重ね合わせて理解したつもりになっている。”

処方する前に診断する。相手のことを理解しようと努めない限り、問題を抱えたまま、時だけでなく、物事が次々と進んでしまうことがある。それを解決することが、win-winの関係へとつながる。理解しようという真摯な心があれば、相手も心を開く。心を開けば、こちらのことを理解しようと努めてくれる。それがwin-winへと繋がって行く。

 

6,シナジーを作り出す

“全体は各部分の総和よりも大きくなる。”がこの章の主題だ。つまり、1+1=2ではなく、3にでも4にでもなり得る。シナジーを生み出すには、強い信頼関係が必要だ。お互いに考えていることが、合致すると予想以上の結果を生むことができる。

特にスポーツにおいて、この法則が特に顕著に発揮されるのだろうと思う。野球やサッカーの国際試合で、下馬評を覆して日本が相手国にかつケースがある。それはシナジーを生み出した結果として、勝つのだろう。

シナジーは、ここまで紹介してきたすべての習慣の最終目的であり、相互依存で成り立つ現実を効果的に生きるための原則なのである。チームワーク、チーム・ビルディング、人々が結束して創造力を発揮すること、それがシナジーである。”

働くことや生きる上で、人々が楽しいと思う瞬間というのは、シナジーを実感できた時だろうと思う。それがやりがいという言葉になるのだろう。

 

7,刃を研ぐ

肉体、社会・情緒、精神、知性の4つの要素を磨くため、自己へ投資することの重要性をこの章では語られている。自分への投資をすることで、最大限のリターン(結果)を得ることができるためだ。

ある人の言葉で“この世で利益率が高い一番の投資は、株でも為替でもなく、自己投資である。”とあったが、その通りなのかもしれない。

定期的に4つの要素に投資をすることで、自分が生み出す結果を最大限に高めていくことができる。そのためには、習慣化が必要だ。読書の習慣、運動の習慣、瞑想の習慣、日常的に会話をする習慣が必要だ。

自分のゴール(目標)を定め、それを達成するためには何の要素が必要なのかを細分化することができれば、自己投資をする習慣化も難しくない。

そこには並並ならぬ決意が必要だが、そうすることで上向きの螺旋階段を登ることができる。

 

【感想】

今の私にとって、大事なのは一番から三番の私的成功を明確に言葉に直すことが大事だ。なぜなら、それが自分の人生にとっての原理原則、つまりはルールを言葉に直す作業がなければ、この本が自分にとっての養分として成り立たない。読んだ意味がなくなってしまう。

その上での公的成功である。公的成功は自分という土台がなければ、成り立たないと感じた。

 

では、私にとっての目標とは何だろうか。

私の目標を一言で表すならば、30歳という節目までに「信頼される人間」になることだ。

ウェブマーケティングという海千山千のカオスな場所を主戦場として、本当に知識があり、本当に結果を残すことができる人間になりたい。「大阪でウェブマーケティングの人間といえば、この人だね」と言われるように知識を高めていきたい。知的欲求が貪欲な点と、モノゴトを効率化できる自分の強みが、生かされる分野であると考えるため、しっかりと実行さえすれば、達成可能だ。

一流のウェブマーケッターになることで、顧客と自分の関係をWin-Winとすることができる。可能な限り、そんな人間でありたい。

しかし、まだまだ自分のビジョンを突き詰めていかなければならないと思う。言葉にできていない部分が多々あり、ルール作りを急ぎたい。

 

ビジネスはWin-Win or No dealで考えるべきだという点も納得がいった。

今私が従事しているウェブに関する仕事は、Win-Lose or Lose-Winのケースが多く、滅多なことではWin-Winとなりづらくなってきている。

Push型の営業スタイルであるため、たとえ相手にとって利益になりづらいと予想できるようなことでさえも、売らなければならない。それが営業マンとしての役目だから仕方がない。しかし、そういったビジネスは究極的には、クレームが起きるか、評判が悪くなり、結局は破綻してしまう。

しっかりと対話をして、双方Win-Winな形で契約をできるように、嘘偽りなく主張することが大事だと思った。そうすることで”信頼”が醸成され、中長期的にもビジネスが成功することになる。なおさら特に、見えないモノを売っているため、相手にとっての信頼感がそのまま利益に直結する。

 

この本を読んだことで、非常に自信がついた。

なぜなら、目標さえ明確になれば、あとはそこから逆算するだけだからだ。