【映画】荒々しいダンス映画を見るならRIZEがおすすめ

Amazonプライムにて、RIZEという映画を見ました。 まじで感動したので、シェアします。 L.A.サウスセントラル地区。暴動が絶えず起こり、暴力と犯罪が日常にあるこの場所で、トミー・ザ・クラウンは、子供の誕生会やパーティの余興として、ピエロ(クラウン)…

【おすすめ本ランキング】もしインドや旅が好きなら読んで間違いない本たち

僕はかつてインドを周遊していました。 1ヶ月で出国するつもりが、あれよあれよと3ヶ月。 そしてネパールに1ヶ月半。 沢木耕太郎の深夜特急に憧れて、ヨーロッパへ向かっていましたが、僕の旅路はインドのカオスさに飲み込まれ、終わってしまいました。 今思…

【仮想通貨】リップルを買った理由

今年は投資を始めようと思っていまして、調べに調べた挙句、リップル(ripple,XRP)の購入に至りました。 なぜリップルを買うに至ったのか、経緯を書きたいと思います。 なぜ仮想通貨を買ったのか まずここです。 今年は投資を始めようと決意していました。…

【高城剛】世界初Tシャツ付き電子書籍「多動日記」を買いました

朝起きてTwitterを見てたらこんなツイートを見つけました。 世界初、付録付きkindle書籍登場です!読者大感謝特別版【黒】多動日記(一)「健康と平和」(電子版+Tシャツ付き): -欧州編- (電子版 未来文庫)https://t.co/PtXJ198OqZ pic.twitter.com/U5OIH6B…

【書評】SPRINT 最速仕事術

SPRINT 最速仕事術 あらゆる仕事がうまくいく最も合理的な方法 ■これで世界中のすべての人間がすごいアイデアを実現できる! グーグル発の「SPRINT」はすでに世界を動かし始めている。 フェイスブック、マッキンゼー、エアビーアンドビー、 ブルーボトルコー…

【考察】前月比300%アクセスアップの要因は高城剛の「多動日記」

ブログを書き始めてからというもの、順調にアクセスが伸びている。このブログはテーマもなく、適当に文字を書くことに専念していたものの、やはり好きなものは偏るようだと改めて思う。 書いていることは、映画や本の書評、そしてアドテクのことなのだが、思…

【考察】Googleの来店コンバージョンは広告の未来を変えるのか?

本日、久々にスタンダードブックストアに行ってきた。知らない人のために言うと、スタンダードブックストアっていうのは、本好きにはたまらない空間で、カフェと本が融合した場所だ。 しかも、本を買わずにカフェへ持ち込める。買わずに!!! なんとも素晴…

【書評】仮想通貨革命---ビットコインは始まりにすぎない

仮想通貨革命---ビットコインは始まりにすぎない 面白かったです。 気になった部分を抜き出しました。 ビットコインの影響を一文で表す 送金コストがきわめて低いため、これまで不可能だった経済活動が可能となる。他方で、決済制度や通貨制度、ひいては国家…

【映画】メッセージ

14日になるといつものごとく、TOHOシネマの会員なので、映画へ行ってきました。 今回の映画はメッセージ。 ふらっと入って見ましたけど、まぁまぁ面白かったですね。 観る人によって、いろんな見え方がある映画だと思います。 という所が、“メッセージ”とい…

【書評】WHYから始めよ! サイモン・シネック

WHYから始めよ!サイモン・シネック この本は、私が過去に見たTEDの「優れたリーダーはどうやって行動を促すか」の書籍バージョンだった。改めて、この“ゴールデンサークル”の有用性に気づくことができた。 読了後は、点と点、線と線が繋がるような感銘を受…

【書評】多動日記(一)

多動日記 高城剛 面白い!世界をずっと飛び回っている高城剛が感じたことを、ストリートから政治・経済・歴史・テクノロジーを読み解くエッセイでした。 日記って書いているから、ただ単に1日のしたことを並べているだけかと思いきや、いろんな話を混ぜこぜ…

【書評】多動力 堀江貴文

多動力 堀江貴文 全体的に びっくりするぐらい内容が薄い。単行本で1,500円近くするが、ふらっと立ち寄った本屋で30分で読了。 言っている内容はいつものホリエモンであって、特に目新しさは感じない。なんだか、高城剛の焼き増しのような感じがしたのは、気…

【映画】ゴールド/金塊の行方

「ゴールド/金塊の行方」を見てきました。 主演:マシュー・マコノヒー 監督:スティーヴン・ギャガン 僕はこういう実話ベースの映画が好きで、公開初日に行きたかったんです。 資本主義の狂気 資本主義って未来に投資する側面があるじゃないですか。 たとえ…

【難波・アメ村・堀江】付近でボリューム満点のカレー屋さん

難波・アメ村・堀江付近でカレーを食べて死ぬほどお腹いっぱいになりたい!? それなら、ここがオススメという2選を紹介します。 カレー堂 ここのバッファローカレーは最高です!ボリュームも多いし、しかもピリ辛でうまい。お腹を空かしていったら、さらに…

【未来予想】来店コンバージョンから見る広告の未来

来店コンバージョン Googleアドワーズの進化がすごいです。 店舗 1 km 以内からの広告クリック率や来店率が高いことは、オンラインでも店舗に近いエリアでの販促を強化することが重要であることを示唆しています。そこで、アイシティは店舗からの距離による…

【難波・アメ村・堀江】付近でおすすめカレー屋さん

僕はカレーが好きで好きで、インド滞在時には毎日カレーを食べていました。カレーしかないんですけどね。 そこで気づいたのは、各地域によって味が違うってことだったんです。インドは広いだけあって、地域ごとに使われるスパイスが異なります。そして配合の…

【書評】USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門 森岡 毅 この本は、前作の「USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか? 森岡 毅」と比べて、より実践的な内容になっています。 前作が小説だとすれば、これはマ…

【書評】USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?

USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか? 森岡 毅 この本の面白さはまるでジェットコースター級です。いわゆる、マーケティングの心構え入門編って感じの本です。結論としては、面白すぎ。心構えなので、小説のように簡単に読めてしまいます…

【対策】Googleアドワーズの試験をどうやったら簡単に受かるのか

アドワーズ試験対策 僕もウェブマーケッターの端くれです。マーケティングの仕事で生きていくと考えたら、やることや覚えることはコンサルタント並みにあります。 膨大な知識と膨大な経験が必要で、それをしかも論理的にかつ戦略的に体系立てないといけませ…

【書評】考える技術・書く技術

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則 バーバラ ミント (著), 論理的思考の方法論について書かれた本です。 合計約300ページのハードカバーの本ですが、特にストレスなく読むことができます。 しかも、これは論理的思考の本なので、中身も…

影響力の武器 ロバート・チャルディーニ

影響力の武器 ロバート・チャルディーニ 人の心理を扱った本で、非常に興味深かった。 すべての章に概要と細かい事例が掲載されており、理解もしやすかった。この本で得た知識を使って、物事を観察するのも面白いと感じた。完全な理解のために必要なのは、自…

【レビュー】あなたの会社が90日で儲かる! 神田昌典

あなたの会社が90日で儲かる! 神田昌典 神田昌典さんが出す本は、全部面白い。 私は以前、同著者の“不変のマーケティング”を、ふとしたタイミングで手に取り購入した。 なぜ買ったのだろうか。それはいろんな理由があった。ただ色濃く覚えているのは、「自…

【書評】安藤忠雄 - 仕事をつくる、野獣の肖像

私は安藤忠雄という人物を、今までよく知らなかった。 「仕事をつくる」安藤忠雄 著 「野獣の肖像」古山正雄 著 上記、二冊を読んだ後、安藤忠雄という人物に対する印象が変わった。 なぜ日本の建築家がここまで有名になり、そして世界を相手に戦うようにな…

桜を見に行くなら、奈良県の吉野山

吉野山へ行ってきました。 吉野は桜の名所ですが、今の時期(3月末)では桜がほとんど咲いていませんでした。 ただ、桜が良く見えそうなスポットはまとめることができたので、歴史なども含めて書いていきます。 吉野の桜スポット 近鉄阿倍野から電車で1時間…

【書評】ほったらかし投資術

私はお金がそこまである人間ではない。どちらかというと、お金に困っている方の人間だ。そして、お金はあればあるほど安心するタイプの人間である。 最近気付いたことだが、この世はたぶんただ単純に努力しているだけでは、どうにもならない上の世界がある。…

一人旅をするなら、タイがおすすめ

一人旅といえば、20代の醍醐味ですよね! 10代はお金がないけど、20代となるとお金に少し余裕が出ます。そこで海外へ行く人も割と多いんじゃないでしょうか。 そこで私が行ってみて、大学生や20代で一人旅するならオススメのタイ王国での場所を適当に紹介し…

google認定のマーケッターになりました

google認定です。 広告につられてポチッと押しました。 こんな広告、最近見てません? googleの認定ウェブマーケッターとなりました 一体何なのかと気になった挙句、「とりあえず一度やってみよう」となりました。 google digital workshopです。 レッスンは…

高城未来研究所【Future Report Vol.294】より、CBDオイルについて

高城未来研究所【Future Report Vol.294】より、CBDオイルについて ▽Q.2▼▽ 高城さんこんにちは。今バルセロナにいます。 寒いです、、。 バルセロナなのに寒く一日中雲が空を多い青い空をまだ見ていません。 地元の人もこの天気の悪さを嘆いていました。 今…

【書評】人を動かす ー デール・カーネギー

人を動かす デール・カーネギー ~要約~ ある種、難解な本だったと感じた。理由として、人を動かすのは経験でしか得ることができないスキルだからだ。私は人を動かす経験をほとんどしたことがない。なので、イメージを膨らませることが難しかった。 しかし…

【書評】空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む

空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む (集英社文庫) 角幡 唯介 取材を徹底したノンフィクションで、しかしそれはまるでミステリー小説を読んでいるようだった。 きっかけは、地図のない場所で眠りたいという高野秀行と角幡唯介の本を読…

【書評】ヤノマミ

ヤノマミ 国分拓 想像し難い文化 圧倒的な文章力と客観性。 そして幻想的なノンフィクションだった。 地球は広い。人の数ほど文化がある。アメリカのギャング、インドのサドゥー、アフリカのマサイ族、イスラエルのユダヤ教徒。理解できない論理で、想像しが…

【映画】8mileからHIPHOPを見てみる

HIPHOPの映画といえば、エミネム主演の8mileだろう。嘘の話か本当の話なのかわからないが、映画としては非常に楽しめる。 HIPHOPとは HIPHOPとは、なんだろうと考えた。相手を罵ること?ビートに乗ってラップをすること?黒人音楽?いや、どれも違う。 HIPHO…

【書評】地図のない場所で眠りたい

地図のない場所で眠りたい 高野秀行角幡唯介 一体何を思ってこの本を購入したのだろうか。私はノンフィクションライターになりたいからか、それともこの二人の対談を知りたいからだろうか。 いや、高野秀行が面白かったから、そのノリで買った。そんな感じだ…

【書評】ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か

ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か エリヤフ・ゴールドラット この本は、まるで映画を見ていると錯覚してしまうような本だった。ストーリーが面白い。ぐいぐい引き込まれてしまった。 特に、組織という枠組みにおいてトップやリーダーの身の振り方によ…

【書評】7つの習慣 人格主義の回復

7つの習慣 人格主義の回復 スティーブン・R・コヴィー 概要 ・まえがき ・要約 ・感想 まえがき 私は自己啓発本を好んで読まない。なぜなら、今までたくさんの本を読んでき、何も変わることがなかったからだ。 本の考えが一時的に頭に入り、自分がなんだか…

【旅行】バニラエアーで行く、弾丸一泊二日の台湾旅行

台湾へ一泊二日旅行をしてきた。俗に言う弾丸旅行である。金額はどのぐらい掛かったのか、どこがオススメなのか、台湾の経済、人柄についても雑感を述べたいと思う。 総額@27,700円航空券往復@12,700円旅費@15,000円期間@一泊二日 12月5日から12月6日徒歩距…

【論評】大麻事件と報道

大麻のニュースが世間を騒がせている。 長野に移住の22人 大麻所持の疑いで逮捕 | NHKニュース 元女優の高樹沙耶容疑者ら3人起訴 大麻所持の罪 那覇地検 - 産経ニュース 連日テレビでも、新聞でも取り上げられ、容疑者が祭り上げられている。テレビが報道…

【映画】メッセージを読み解く "into the wild"

久しぶりに旅の映画を見た。旅をする人にとってはバイブルかもしれない、into the wild。やはり一度よりも二度見る方がより理解できる。わかったつもりになってはいけないね。 あと味が悪いこの映画が果たして一体何を伝えたかったのだろうと考えた。恐らく…

【浪速区桜川】BARことり

桜川駅から徒歩30秒にあるBARことりは新桜川ビルというリノベーションしたビルの二階にあります。 正直言ってすっごい入りづらい。 来るものを選ぶ。そんなBARです。 勇気を振り絞って二階登ると、眼前にまるで小学校の廊下のような世界が広がります。BARに…