読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勝手にHP改善提案

このコンテンツは、ウェブマーケティングをしている私が「勝手に」京阪神個人事業主さんのサイトを対象に、ウェブサイトの改善をする内容となっております。

 

第一弾として、ここの歯医者さんです。

大阪市中央区の西川歯科を見てみましょう。

 

f:id:dasblog:20170416112728p:plain

 

 

www.nishikawa-dental.com

現状分析と改善案

まず、トップページを見ても全然行きたいという感情にならないですね。なぜでしょう?それはコンセプトが曖昧だから、全然伝わって来ないからなんですね。

では、何が曖昧にさせているのでしょうか?

②番を見てください。

メインイメージは、ホームページの中でも一番重要なポイントです。そこでの大きな間違いをこのHPは犯しています。

 

・曖昧な言葉で分かりづらい

「歯科エコ」で「ハッピーライフ」ってわかりますか?

歯科エコってもしかしたら歯科業界では、割と知っている言葉なのかもしれません。もし造語だったとしても、言葉を作ること自体は、マーケティングの概念として合っています。

 

ただ、歯科エコという言葉を使うならば、それが一体何を指すのか明確な定義づけをしなければいけません。さもなくば、ユーザーさんは決して理解しないでしょう。

ハッピーライフも、どのように、ハッピーライフなのか理解できません。曖昧すぎて、吐きそうです。このホームページを作るなら、こんな訳のわからない言葉は決してメインイメージで使ってはいけません。

 

もし使うなら、「定義づけ」と、「信頼でバックアップ」することが肝です。

 

下層ページにあったとしても

歯科エコについて、下層ページに理念が載っていました。

再治療を少なくしハッピーライフを送っていただくと言うのがGreen(緑)、Dental(歯科)、Innovation(革新)のコンセプトでした。最近は単純に「歯科エコ」と呼んでいるのですが、それはエコカーと同様に最小の治療介入(僅かな燃料)で最大の成果(長距離走行)もたらすのがエコカーに似ているからです。

ここを読んで、ようやく理解することができましたが、正直ユーザーはトップページが微妙だったら、他のページを読まないです。 

トップページを充実させましょう。

 

③番について

この構成もダメですね。何を強調したいのか理解できないです。

突然ですが、このホームページの目的は一体何なのでしょうか?

 

「新規の患者さんが来院すること」が目的です。

 

中には既存の患者さんのために作ったホームページだと言う人もいるかもしれませんが、それならホームページをお金をかけて作る理由がありません。

なので、いかに新規の患者さんが見て「行きたい」と思うかどうかが、キーポイントとなります。

 

③番を見ていきましょう。

設備 → 信用のバックアップ

スマイルトレーニング → 教育コンテンツ

歯科の豆知識 → 教育コンテンツ

駐輪場、駐車場 → 基本情報

ニコニコ治療 → 教育コンテンツ

ホームケアアイテム → バックエンド

 

となっています。

この中で、ユーザーにとって必要な情報は、「設備」と「駐輪場、駐車場」のみです。他は不要ですので、消してもいいぐらいです。

 

なぜか?

たまにこういう教育コンテンツを掲載しているホームページを見かけます。それはそれでいいんですが、ちゃんと戦略がありますか?

教育コンテンツをやっていくなら、ずっと更新しつづける必要があります。ユーザーにとって、ここに載っているから見たら大丈夫っていうぐらいのコンテンツを用意するといいです。

しかし、こういう小さなHPにある教育コンテンツを、ユーザーが好き好んで見ません。「あ!ここにトレーニング方法が載ってる!すごい!ここの歯医者に行って見よう!」ってなりません。

 

なので、コンテンツは絞ってシンプルにしましょう。

 

④番について

「アクセス」や「患者様の声」ってめちゃめちゃ大事なコンテンツですよね。なのに、なんで右のサイドバーに行っているのでしょうか。非常に勿体無いっていうか、こんなところに掲載すべきじゃないですね。

必ず、トップページの一番広い場所に掲載しましょう。ここで言うと、③番の下ですね。

なぜなら、患者様の声は必ず見ていただく必要のあるコンテンツだからです。

 

ユーザーは、この歯医者って本当にちゃんと治してくれるの?とかそういう不安を持っています。その不安を払拭するべく、患者様の声というコンテンツで信用のバックアップをしなければいけません。

ユーザーが行動するためには、「魔法の薬と強力な証拠」があればいいんです。なので、強力な証拠として、患者様の声をちゃんと見てもらえるような導線にするべきでしょう。

 

改善案はこちら

 

f:id:dasblog:20170416120605p:plain

 

めっちゃ雑ですが、、、こんな感じで改善するといいでしょう。

 

勝手に使わさせていただき、有難うございました。

 

ウェブは奥深いですので、もっと勉強していこうと思います。